スポンサーサイト

  • 2009.05.11 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


介護報酬について

介護予防関連の仕事をするメリットは、将来性で、まさにこれから始まろうとする制度と言われています。

それは、言い換えますと、自分の手で制度をより確かなものに作り上げていくということなのです。

つまりは、誰もがさまざまなチャンスを手に入れることができるということです。

国が推し進めている重点制度に従事することになります。求職の安定した需要が見込まれ、しかも社会的責任も大きい仕事です。

遣り甲斐と社会貢献を一度で実現できる仕事と言えでしょう。

診療報酬では、個々の処置、手術、あるいは検査のサービスに対して単価が設定されている場合が多いのですが、介護報酬は、基本的に単位時間や日数当たりの単価にまるめられて決定されています。

また、介護報酬は、診療報酬と比べますと、サービスの原価に基づいて決定される傾向にあります。

ですから、報酬の単価を決定するための基礎調査も比較的厳密に行われているなど、他の公共料金(フルコスト原則)に近い決め方が用いられているということです。

今回の改定では、単価の設定が不十分とされている居宅介護支援費をどの程度引き上げるかということが、注目されているようです。

家庭で療養中の高齢者の介護をしているのは、嫁や配偶者が圧倒的に多いと言われています。高齢者が病気で寝込みますと、どうしても長びく傾向があります。

そして、主婦である介護者が看病疲れで寝込むようなことにもなりますと病人はもちろん、家族にとっても非常に困難な状況になってしまいます。

完璧な介護を目指すよりも気負わずに効率的で長く継続できる方法を考えていきましょう。

介護とは、寝たきりの高齢者や病人、そして障害者など日常生活に支障がある人の自立のために、食事や排泄などの身の回りの世話や介抱をすることを言います。

介護保険法で給付されるサービスには、大別して2つあります。一つは、訪問介護やデイサービスなどの在宅サービスです。

もう一つは、特別養護老人ホームやデイケアセンターなどの福祉施設でのサービスです。

【関連リンク】
かいごのみかた │ 介護保険から認知症、老人ホームまで!

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM